特集:つながりの中で生きる
2018年12/1月 217号

特集は、里親として6人の子どもと生活を共にするファミリーホーム「ばあばぱぱ」の山本節子さん、犯罪被害者遺族として当事者の声を社会につなげる活動を続ける入江杏さんにお話を聞きました。「子どもたちが困った時に、助けてと頼める人をたくさん持たせてあげるのが目標」と語る山本さん。「喪失体験をした人が悲しい時は泣き、うれしい時は遠慮なく笑えて、思いを発信できる社会、それを受け入れられる社会にしたい」という入江さん。つながりの中で、自分を開いていける人や場があれば、安心して生きていけるというお二人のメッセージに励まされます。

くわしくはこちら&ちょっと立ち読み
We 最新号のご購入はこちら

バックナンバー

We216号(2018年10/11号)支える・つなぐ・つくる
We215号(2018年8/9号)堂々と生きていい
We214号(2018年6/7号)多様なものと折り合う力
We213号(2018年4/5号)困りごとで地域を豊かに
We212号(2018年2/3月号)ずっととどまり、耕し続ける
We211号(2017年12/1月号)記憶をつなぎ、伝える
We210号(2017年10/11月号)学校でできること
We209号(2017年8/9月号) いつでも帰ってこられる場所
We208号までのブログは過去のサイトにてご覧頂けます。

お知らせ

2018.11.26 We217号 定期購読のみなさまには11/27(火)に発送します。

2017.12.7 [weフォーラムin大阪]誰もが安心して暮らせるまちづくり 人権のまち「猪飼野(いかいの)」と「北芝(きたしば)」の挑戦(2018年2月23日(金)~25日(日))の概要をアップしました。