フェミックス、Weとは
『We』は、一人ひとりが大切にされる社会の実現をめざし、知恵や情報の交換、ネットワークづくりができる《場》として、毎号さまざまなテーマをとりあげています。
フェミックスは、隔月刊誌『We』を編集発行しているほか、書籍等の編集出版、各種講座やイベントの企画開催をおこなっています。
What's New!!
『くらしと教育とつなぐWe』202号(2016年6・7月号)
We最新号
最新号を購入する
※通販のページにリンクします

定期購読を申込む
※通販のページにリンクします
特集:悩みつつ、しなやかに
  • お話 赤城修司さん
    僕の見た福島
    ─ 悩みながら、それでも撮り続ける

  • インタビュー 雅子さん
    認知症になってもたのしく暮らしたい(3)
  • 連載
    浦河ひがし町診療所物語 【2】 金欠病のプロ 斉藤 道雄/オホーツクの潮風荒く 江口 凡太郎/新連載 授業実践 風がかわる 匂いがかわる 「生徒が育つ調理実習」をめざして 中山 雪江/「公立中学校」でしなやかに生きること(25)少しずつ変わっていく  石川 晋/「記憶」のなかの戦後史(14) PCB ─ 廃棄物問題の夜明け前  向井 承子/お空に虹をかけるまで(最終回)岡田 実穂/シニア劇団「かんじゅく座」日記(最終回)ナマ身をさらすシニア役者たち 鯨 エマ/わたしが議員になったワケ(14)共感から行動につなぐ かとうぎ 桜子/お金リテラシー入門〜お金にふりまわされないものの見方・考え方(13)アイスランド政府通貨プランとパナマ文書の関係? 白崎 一裕/ミステリー案内〜ひと持ち、本持ち、こころ持ち(14)『人形(ひとがた)』 稲塚 由美子/リレーエッセイ マザーズジャケットの魔法(14)中畝治子/遊びをせんとや生まれけむ(35)将棋  西川 正/ジソウのお仕事(44)怒りのゆくえ  青山 さくら/“人たち”のいる場所で(12)卒業生たちとの「お茶会」で  杉田 真衣/女子くら通信「ふくしまのいま ?」(3)─ 中村美紀さんに聞く  林崎知実/アスペルガーの夫との日々(4)迷いながらの法律婚 森ラフレシア/新・同時代の男性学(8)ドナルド・トランプ氏はバイアグラ? 沼崎 一郎/おすすめ映画情報「神様メール」 菅井 ゆきえ
●読者のひろば
●編集後記
『We』202号は、定期購読の皆様には5月31日(火)に発送します。
    病は道連れ
  • フェミックスの最新刊
    学校でしなやかに生きるということ
     石川 晋著 / 四六判並製 / 208ページ / 1,500円+税【web注文】
    教員にとって「学校でしなやかに生きるということ」こんなにも難しかった時代はあったのだろうか・・・。 「本来もっとも人間的でなければならない教育の世界までが、社会のさまざまな職域と同じようにブラックになってしまったいま、そのことを顔が見える形で語り、発信する。小さくても声を挙げつづけることで、人間同士の結びつきをつないでいくことができる、広げていくことができる。そういう草の根のような動きをつくりだしていかないといけない。しかもそれはできるだけユーモラスに楽しくできるのがいい」と語る著者。 NPO授業づくりネットワーク理事長で、研修会の講師として全国を飛び回り、学級経営や合唱指導などの著書が多数ありながら、しかし熱血教師にはなれない、ひとりの中学国語教師の等身大のつぶやき、学校で心が折れずに生き延びるための試行錯誤、教室の風景や生徒とのかかわりが淡々と綴られています。 教員が生徒とともに<しなやかに、したたかに>生き延びるためのヒントがここにあります。
    web注文でフェミックスより直送いたします。
    ※書店からは「地方小出版流通センター取扱」でご注文ください
  • 視覚障害等で、書籍『つながる力』を読めない方にテキストデータを提供します
    フェミックスでは、このたび発行した書籍『つながる力』について、視覚障害のある方からお問い合わせをいただき、著者である「社会福祉法人つどいの家」のご了解も得まして、この書籍を視覚障害等で読めない/読みにくい方のために、本文のテキストデータを提供することといたしました。

    詳しくはこちらをご覧ください。
    視覚障害等で、書籍『つながる力』を読めない方にテキストデータを提供します
  • つながる力―東日本大震災としょうがいのある人の暮らし 社会福祉法人つどいの家の記録
  • つながる力 A5判・192ページ・定価 2,000円+税(送料別)
    東日本大震災としょうがいのある人の暮らし
    社会福祉法人つどいの家の記録

    【web注文】
    重いしょうがいのある人が地域で普通に暮らせるよう先駆的な事業を展開してきた仙台の「社会福祉法人つどいの家」。東日本大震災で自ら被災した中で、職員たちは家族と仕事との間で引き裂かれ葛藤しながら、しょうがいのある利用者の暮らしを維持することに力を尽くした。二年余りの活動記録は、利用者家族の経験も交え、被災時の困難と災害時の備えとして何が有効だったかを伝える。地域・人・情報のつながる力こそが大切だという防災への貴重な提言。
    web注文でフェミックスより直送いたします。
    ※書店からは「地方小出版流通センター取扱」でご注文ください
  • メールニュース「『We』@フェミックスからのお知らせ」・・・フェミックス周りの情報、イベント案内などをときどきお送りするメールニュース(不定期)は、こちらから登録できます
    メールアドレス  

  • 木村榮 『女友だち』
  • 木村榮 『女友だち』 四六判 192ページ 1,500円+税
    女同士の支えあいに希望を託す「女友だち」の物語
    「ちょっと手を伸ばせば届く"友だちのいる人生"を手に入れて、女たちに元気に生きてほしい」という木村さんの思い、ユーモラスに描かれる友だち関係のエピソード、《女の友情》の視点から読み解く映画や本の一コマ…それらが織りなされた、味わい深いエッセイです。
    web注文でフェミックスより直送いたします。
    ※書店からは「地方小出版流通センター取扱」でご注文ください
  • ベーシックインカムは希望の原理か
  • ↓特価↓
    『ベーシックインカムは希望の原理か』 A5判 112ページ
    1,500円+税 1,200円+税 ※特価はフェミックスからの直販のみ
    人間や労働の価値をお金だけで考えるのをやめる
    ベーシックインカムとは、「人間として尊厳ある生活を営むためのお金を、水や空気と同じように、無条件ですべての個人に保障する」という政策構想です。
      「働くこと」と「生きるために必要なお金を得ること」を切り離していいのではないか
    web注文
    でフェミックスより直送いたします。

  • ジェンダーセンシティブからジェンダーフリーへ ― ジェンダーに敏感な体験学習
  • ↓特価↓
    『ジェンダーセンシティブからジェンダーフリーへ ― ジェンダーに敏感な体験学習』・・・いまから10年あまり前の実践報告集、でも、いま読んでも新しい! 授業計画の参考に、実践の手引きに、多くの方に読んでいただきたく、特価で販売します。この機会にぜひお求めください。
    A5判 126ページ 定価 1,800円+税1,200円+税 
    ※特価はフェミックスからの直販のみ

     

  • わたしのニキ
  • 那須のニキ美術館はDVD「わたしのニキ」の中に・・・「ニキ美術館」は、2011年8月末をもって閉館となりました。那須の自然のなかに建つニキ美術館と所蔵作品の数々、そしてこの美術館をつくりあげた初代館長の増田静江さんのインタビューを収録したドキュメンタリー映画「わたしのニキ」をぜひご覧ください
     
  • 『We』1992年度〜2012年度のバックナンバー(在庫のある号)を、女性学、ジェンダーフリー、男女共同参画関連の書籍や情報を集めている 全国の学校・図書館・女性センターなどに無料でお送りしています。 送料のみご負担下さい(切手でも可)。