特集:支える・つなぐ・つくる
2018年10/11月 216号

特集はスクールソーシャルワーカーの土屋佳子さん、学校図書館司書の松田ユリ子さんのお話です。どちらも、子どもたちをいちばんに考えて、地域の様々な人たちと連携しながら、風通しの良いワクワクするような場づくりを大切にしています。

〈支える〉〈つなぐ〉〈つくる〉という言葉には、使い古されたイメージもありますが、誰にでもひらかれ、自由な発想や多様なコラボレーションが生まれる場づくりには欠かせないもの、と改めて感じて特集タイトルにしました。

今号から、フォトジャーナリストの大藪順子さん(215号インタビュー)と「ひとのま」の宮田準さん(204号インタビュー)の連載が始まります。お楽しみに。

くわしくはこちら&ちょっと立ち読み
We 最新号のご購入はこちら

バックナンバー

We215号(2018年8/9号)堂々と生きていい
We214号(2018年6/7号)多様なものと折り合う力
We213号(2018年4/5号)困りごとで地域を豊かに
We212号(2018年2/3月号)ずっととどまり、耕し続ける
We211号(2017年12/1月号)記憶をつなぎ、伝える
We210号(2017年10/11月号)学校でできること
We209号(2017年8/9月号) いつでも帰ってこられる場所
We208号までのブログは過去のサイトにてご覧頂けます。

お知らせ

2018.9.24 We216号 定期購読のみなさまには9/25(火)に発送します。

2017.12.7 [weフォーラムin大阪]誰もが安心して暮らせるまちづくり 人権のまち「猪飼野(いかいの)」と「北芝(きたしば)」の挑戦(2018年2月23日(金)~25日(日))の概要をアップしました。